第71回按針祭海の花火大会

平成29年8月10日(木)


 徳川家康の外交顧問「三浦按針」が、伊東の松川河口で日本初の洋式帆船を建造したことを記念した祭りとして、伊東市制施行記念日である8月10日を中心に開催されているのが「按針祭」。そのクライマックスとして8月10日に「按針祭海の大花火大会」が行われています。

 花火大会の存在を知ったのは、当日、品川〜伊東間で「快速 伊東按針祭花火大会」が運行されているということ。一番最初に知ったのはたしか平成26年だったでしょうか。Wikipediaによると、古くから伊東〜小田原間で列車名称のない臨時列車が運行されていたそうですが、以降、運転区間も延び、晴れて全車指定の「伊東按針祭花火大会号」が誕生したわけです。

 列車名称がある花火大会臨時列車はそれほど多くなく、団体専用列車を除けば、関東で運転されているのは、8月と9月に長野県諏訪湖畔で開催される花火大会の終了後に運転される「ムーンライト信州90・92号(諏訪湖花火大会号)(新作花火大会号)」くらい。よって「伊東按針祭花火大会号」は貴重な存在。花火大会も1時間で約1万発、5か所から花火が打ち上げられるというから、なかなかの規模と言えるでしょう。

 会場は伊東駅から数分の伊東海岸一帯。5か所の打上げ場所が具体的にどこなのか? また、場所取りはいつ頃行けばいいのか? メインの観覧場所は海岸の砂浜一帯。日中は海水浴客で賑わっているでしょうし、海水浴客がそのまま夜の花火大会まで居続けるかもしれないし、帰る客もいるでしょう。とにかく時間が読めない。手探りのなか伊東へ向かうことになりました。

 昨年の花火大会では伊東市観光協会のブログに花火大会プログラムが掲載されていましたが、今年は最後まで見つけることができませんでした。有料観覧席を買えばプログラムが付いてくることと、事前に新聞折込みされていることは観光協会のサイトに書かれていましたが、一般向けには準備されているのかわからない。駅前にある観光案内所で配布されている可能性もありますが、当日は花火大会の準備で14時に閉店してしまうとのこと。なので、それより前に伊東駅に到着できるように自宅を出発しました。

黒船電車

黒船電車展望座席最前列を確保!
 熱海駅からは伊豆急行の観光列車「リゾート21」に乗るため、ホームで待っていると、制服・私服の警察官がたくさんいて物々しい雰囲気。伊東方のホーム先頭付近は閉鎖されてしまいました。さらには熱海駅の駅長と思われる白い制服を着た人が規制区域内に現れ、直立不動で何かを待っている様子。もしかしてお召し列車が通るのかも? と、リゾート21の車内で待っていると、やってきたのは「スーパービュー踊り子」でした。

 「スーパービュー踊り子」が熱海駅を出発すると警察官たちは撤収。ホーム上も何事もなかったようにいつもの風景に戻りました。…ということは、ここでVIPは降りず、その先に行ったということか? ちょうど駅長が立っていた場所は、スーパービュー踊り子号の1〜2号車付近。グリーン車・グリーン個室なので、VIPはグリーン個室に乗車していて、一般客はそこに近づけないように規制されていたのかもしれません。

VIPが乗車していた?スーパービュー踊り子号

伊東駅
 伊東駅に到着したのは12:50頃。駅前には臨時の観光案内所が設営されていて、プログラムもここで手に入れることができました。結果的には観光案内所が閉店する14時以降でもプログラムは入手できるということです。プログラムには打上げ場所の記載もあり、伊東駅に近い伊東海岸北側から、旅館かめや沖合にある防波堤の2か所(第一離岸堤、第三離岸堤)、なぎさ公園前、観光会館沖合の松原堤防と新井堤防から。また第一離岸堤、第二離岸堤、第三離岸堤がワイドスターマインの打上げ場所となっています。有料席があるなぎさ公園は5か所の打上げ場所のほぼ中央なので視界全体から花火が打ち上がる絶好のポジションと見えましたが、5か所全てを同一フレームで収めることはできなさそう。よって打上げ場所の左右どちらか斜め位置から狙うしかなさそうです。

 今回は伊東駅からも近く、大玉が打ち上がる新井堤防からは遠い打上げ場所の北側に向かいました。5か所の打上げ場所から離れないと全体を撮影できませんが、かといって離れすぎると今度はワイドスターマインを斜めから見ることになりワイド感が削ぎ落されてしまう。どの辺を落としどころにするか? 悩んだあげく旅館かめや前の第一離岸堤のほぼ正面あたりにとりあえず場所取りしました。しかし第一離岸堤は砂浜から100m離れているかどうか。第一離岸堤からは最大5号玉が打ち上がるようですが、保安距離大丈夫?と思うくらいの超至近距離。ここから打ち上がる花火は近すぎて撮影できないでしょうから、5か所の打上げ場所のうちの1か所は捨てていることになる。これがしっくりいきませんでした。

 時刻は15時前。まだ時間は十分にあります。伊東線の線路を挟んで海岸とは反対側の西側には高台があるので、伊東海岸を俯瞰できるような場所があるかもしれません。海岸を離れ探索を始めたものの至る所に坂道があり、蒸し暑さで汗が噴き出る。あちこち歩いた。相当歩きまわった。しかしなかなかよさげな場所が見つかりません。海がそれなりに見える場所があっても電線が横切っていたり、保養所の駐車場で宿泊者以外は立ち入らない方がよさそうな場所であったり。伊東駅近くにあった伊東公園にも海が見渡せる小さな展望台がありました。一度はそこに三脚を置いたのですが、第1離岸堤と第3離岸堤の間に旅館の建物があり、第二離岸堤付近が隠れてしまうようなロケーション。そこはプログラム誌に書いてあったワイドスターマインのちょうど中央付近にあたるため、ワイドスターマインの特に地上付近の星打ちがほとんど見えなくなる可能性がある。結局、めぼしい場所を見つけられず、初めに場所取りした海岸に戻ってきてしまいました。

打上げ会場の伊東海岸オレンジビーチ
洋上にはクルーズ客船「飛鳥U」が停泊
 時刻は16:30。歩いて4〜5分のマクドナルドに避難。花火大会近くのファストフード店やファミレスって相当混雑しているイメージがありますが、店内は空席が半分くらいある。ここで昼夜兼用の食事と水分補給。トイレを済ませ、歩きまわって熱くなった身体を冷房でクールダウン。約1時間半滞在できたのは大きかった。

 会場に戻ってきたのは18時前。後は花火打上げまで待つのみ。洋上にはクルーズ客船「飛鳥U」が停泊。花火大会に合わせて毎年来ているようです。空は朝から曇り空でしたが、降雨確率は30%なので、雨はそれほど心配していませんでした。しかし18:30頃に雨粒が落ちてくる。約5分で雨は止みましたが、19時過ぎから再び降り出した雨がなかなか止まない。傘を差すか差さないかの霧のような細かい雨が降り続いているのです。花火打上げ開始の20時を前に雨脚が強まり万事休す。

水中打込花火

第一離岸堤からのスターマイン
 花火打上げプログラムは5か所あるうちの1か所ないし2か所からスターマインが打ち上がり、他に1か所ないし2か所から4号、5号、8号、10号の単発がセットで打ち上がる。1セット1分で次々とプログラムが進んでいく。プログラムを追いかけるだけでも大変です。

 プログラムの1発目は10号玉。空高く上がった10号玉が開花しましたが、低く垂れこめたモヤの色を変えるだけで花火が見えない。つまりは雲の上で開花したというわけ。8号、10号は全滅でした。続くスターマインも煙のはけが悪く、すぐに上空を煙が立ち込めてしまう。この絶望感は久しぶり。平成25年の土浦以来でしょうか…。後は打ち上がる花火を傍観するだけでした。

 雨は20:25頃にはほとんど止みましたが、煙のはけは相変わらず悪い。特に南風の影響もあるでしょうが、松原堤防と新井堤防から上がる花火はすぐに煙ってしまうので、正面の第一離岸堤から上がる花火を、カメラを縦位置で何枚か撮影してみました。

スペシャルスターマインパレード(ハトヤホテル提供)

スペシャルスターマインパレード(ハトヤホテル提供)

第71回按針祭伊東湾大空中ナイアガラ

伊東SPIRIT〜伊東精神〜

伊東SPIRIT〜伊東精神〜

伊東SPIRIT〜伊東精神〜

伊東SPIRIT〜伊東精神〜

伊東SPIRIT〜伊東精神〜

伊東SPIRIT〜伊東精神〜

伊東SPIRIT〜伊東精神〜
 ブログラムも大詰め。ハトヤ提供のスペシャルスターマインパレードが5か所の打上げ場所全てからの打上げ。煙のはけも若干好転し、萎えていた心に火が付く。続く空中ナイアガラも5か所からの打上げ。ラストは「伊東SPIRIT」というワイドスターマイン。これまでのプログラムが全て1分刻みでしたが、こちらは約5分にわたるミュージックスターマイン。BGMは平原綾香さんの「Jupitar」と、長岡のフェニックスをイメージするもの。フェニックスと比べてはいけませんが、5か所からのフルワイド一斉掃射は、これまでのうっ憤を晴らすかのよう。打止めの15号はお約束の雲上開花でしたが、終わり良ければすべて良し」。満足感は十分でした。

 打止めは21:08頃。観覧していた場所が会場の端だったためか、海岸からの脱出はスムーズ。伊東駅の道も大通りのひとつ脇に入った路地を歩いたため、順調に駅前に到着。ホームへの入場規制もなく21:20には改札を通過できました。乗客は伊豆急下田方面の方が多いようでかなりの混雑でしたが、1本電車が来ると並んでいた乗客のすべてを車内に飲み込んで出発。熱海方面に至っては10両の長大編成もあってか、花火大会後の列車としてはユルい。ダイヤの乱れもなく定刻に予約していあった「伊東按針祭花火大会号」は伊東駅を出発しました。

 後で振り返ってみると、ワイドスターマインがよく見えないかもとあきらめていた伊東公園の小さな展望台ですが、建物に隠れていた第二離岸堤から打ち上がった花火は、ラストの伊東SPIRITのみ。ワイドスターマインも会場全体からの打上げなので、1か所位見えづらくても大した影響はなさそう。天気の良い年に今度は伊東公園から見てみたい。再訪問したい花火大会がひとつ増えました。

伊東按針祭花火大会号〜伊東駅にて〜
ブログ「列車とともに・こぼれ話」では、こちらで書ききれなかった話題をご紹介しています。ぜひご覧ください。
1.黒船電車展望席最前列からの前面展望(準備中)
2.【伊豆急行】伊豆高原駅構内に佇む「THE ROYAL EXPRESS」(準備中)
3.花火臨時列車を観察する(第71回按針祭海の花火大会編)(準備中)